オーガニックコスメ

↓イチオシのオーガニックコスメはこれ↓

 

何を使っても肌の調子が良くならない。
ガサガサで手触りも悪い。
吹き出物がすぐにできる。

 

など、肌の悩みはつきません。

 

もしかしたら化粧品に含まれている成分が肌のダメージを悪化させているのかもしれませんね。

 

そこで肌にいいものは何か。調べていくうちにオーガニックコスメに興味を持ちました。

 

オーガニックコスメって、興味はあるけどどれを選べばいいかわからない。
そもそもオーガニックの基準って?
即効性がないんでしょ。
オーガニックは高い。

 

こういうイメージがないですか?
わたしはそうでした。

 

で、調べてみたらわかった意外な真実がありました。

 

 

オーガニックコスメって何?

オーガニックとは、有機栽培のことです。
化学合成農薬や化学肥料を使わず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法をいいます。

 

日本では農産物、加工食品、飼料及び畜産物に対して、有機JAS規格があり、認定されたものだけが「有機」「オーガニック」と呼べるのです
基準は
・3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培する
・化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
・遺伝子組み換え原材料は使用しない
などがあります。

 

このオーガニック栽培で作られた植物を使用している化粧品がオーガニックコスメなのです。

 

 

オーガニックコスメに基準はあるの?

オーガニックコスメに対する基準はあるのでしょうか。
海外ではフランスのECOCERT(エコサート)、ドイツのBDIH、オーストラリアのACOなど、国際的な認証団体はいくつかあります。

 

その基準はバラバラですが、主に
・石油由来成分の排除
・動物由来成分の排除(生きている動物からの抽出物は除く)
・植物原料の内70〜90%以上がオーガニック栽培である
という定義があります。
※保存料として合成された成分は配合してもよいという規定もあるので、石油由来成分を全く使用していないわけではありません。

 

ところが日本にはオーガニックコスメに対する規定がありません。
それぞれの企業に任されているのです。

 

なので、1%でもオーガニックを使っていればオーガニックコスメと表示してもいいのです。
1種類のオーガニック成分のほかは、すべて石油系の原料だった、なんてものもあるかもしれません。

 

オーガニックと書いてあるからといって肌にやさしいんだろうと
安易に購入しないようにしてください。

 

きちんと全成分表示を確認して下さいね。